×

日本製鉄鹿島・林主将、入社以来5年間守り続ける「5番」3安打で初勝利貢献

[ 2021年3月11日 05:30 ]

第75回JABA東京スポニチ大会 予選リーグDブロック   日本製鉄鹿島10-1JR東海 ( 2021年3月10日    神宮 )

<JR東海・日本製鉄鹿島>初回1死満塁、先制の2点適時打を放つ日本製鉄鹿島・林(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 日本製鉄鹿島の林主将が初回の先制右前打を含む3安打で今大会初勝利に貢献した。「今日勝てば(決勝トーナメント進出の)チャンスはある。絶対、打ちたかった」。入社以来5年間守り続ける「5番」で2戦計5安打と好調だ。

 1月に日本製鉄かずさマジックから長谷川、喜多が加入。主将として「早くウチのカラーに溶け込んでもらいたい」と責任感もにじませた。

 ▼JR東海・久保恭久監督 初回の6失点で重くなった。明日は立ち直った姿で試合に臨みたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月11日のニュース