×

阪神 東日本大震災から10年 全体練習前に矢野監督、選手らが被災者へ黙祷

[ 2021年3月11日 10:12 ]

全体練習開始前に黙祷を捧げた阪神・矢野監督(左)と佐藤輝(後列右)ら(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 東日本大震災からちょうど10年となる11日、阪神は甲子園球場での全体練習開始前の10時2分に、被災者へ約1分間の黙祷を捧げた。

 矢野監督やコーチ陣、選手らはグラウンドの外野部分に集まり、半旗とされた球団旗が掲げられたバックスクリーンの方向を向いて祈りを捧げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月11日のニュース