元メッツ監督のジョンソン氏 コロナ感染 現在は退院し静養中

[ 2021年1月24日 05:30 ]

巨人でプレーした後、メッツ、ナショナルズなどを指揮したデービー・ジョンソン氏(AP)
Photo By AP

 元巨人で、メッツ監督として86年ワールドシリーズ優勝に導いたデービー・ジョンソン氏(77)が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。地元フロリダ州の病院で治療を受け、現在は退院して静養しているという。

 22日に死去したハンク・アーロン氏とはブレーブス時代に同僚だった。75、76年には内野手として巨人でプレー。78年の引退後は指導者の道を歩みメジャー5球団と、各国代表チームなども率いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月24日のニュース