巨人 平内&伊藤 1軍キャンプへ「精度を上げていきたい」

[ 2021年1月24日 14:43 ]

新人合同自主トレでキャッチボールをする平内(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人ドラフト1位の平内龍太投手(22=亜大)と同4位の伊藤優輔投手(24=三菱パワー)が24日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた新人合同自主トレに参加した。

 春季キャンプでの1軍メンバー入りが決まっている両投手は、この日はブルペン入り。平内は中腰の相手に35球を投じ「日々強度も上げながら良い感覚で投げられています。キャンプまでにもう少し状態とボールの精度を上げていきたいです」と球団を通じてコメントした。

 一方、伊藤優も同様に30球を投げ「ボールの回転数を意識して投げました。日々、精度が上がっていると思います。キャンプまでにもう1ランク、2ランク精度を上げていけるように取り組んでいきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月24日のニュース