中日ドラ1、高橋宏斗が休憩時間返上でブルペン見学 柳の投球に「全てが想像を上回る投球」

[ 2021年1月24日 16:27 ]

<中日自主トレ>柳の投球練習を見つめる高橋宏(右)と加藤翼
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・高橋宏斗投手(18)が24日、屋内練習場で柳裕也投手(26)のブルペン投球を見学。ランチ、休憩時間の一部を返上し、志願して向かったブルペンで先輩の投球を食い入るように見つめた。

 午前のメニューを終えてウエート室を出ると、高橋宏はランチ会場ではなく、ブルペンへと向かった。

 「荷物を取りに行こうとしていたら、柳さんが投げているのが目に入ったので、見に行きました」

 ドラフト5位・加藤翼、育成2位の上田とともに見学。ブルペン横、捕手の後方と場所を変えて約10分間、食い入るように見つめた。

 「コントロールが思っていた以上に、すごく良かったし、テレビで見るスピード感より一層、すごいモノを持っておられた。全てが想像を上回る投球でした」

 目の前でプロの投球練習を見るのは初めて。ドラフト1位の4年先輩の迫力に圧倒されると同時に、プロのレベルを体感した。

 春季キャンプは2軍・読谷スタートが決定。ブルペン投球について「自分的には、すごく状態が上がってきている。いつでも準備できている状態」と話したが、現段階では予定はなし。首脳陣も慎重に調整をさせていく方針を示している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月24日のニュース