「若いうちは直球狙え」 中日・石垣が浅村塾で開眼ヒント授かる 竜の長打力不足解消に意欲的

[ 2021年1月17日 05:30 ]

浅村(左)の自主トレに弟子入りした石垣は2桁本塁打を決意(石垣本人提供)
Photo By 提供写真

 “浅村塾”の効果を見せる!中日・石垣が「2桁本塁打」を目標に掲げた。今オフは楽天・浅村が愛媛県で行う合同自主トレに弟子入り。浅村から教わったのは少しアッパー気味に打つスイングの軌道と体重移動で、練習の最後に毎日、本塁打競争を行い「アベレージで飛ぶようになった」と手応えをつかんだ。さらに「若いうちは直球を狙って変化球対応。それぐらいガツガツ行った方がいい」と金言も授かった。

 「中日の課題は『長打力不足』と取り上げられる。そこを自分がこだわっていたので浅村さんにお願いした」と昨季のパ本塁打王の門を叩いた経緯を説明し、「聞けることは全部聞こう」と質問攻めにした充実の合同自主トレ。内外野にこだわりはなく「打つことが浅村さんへの恩返し。打撃でアピールしてポジションをつかんでいきたい」と誓った。

 ≪岡林は初の1軍キャンプへ意気込み≫初の1軍キャンプが決まった高卒2年目の中日・岡林は「今、アピールできるのは打撃。レギュラーをつかむために全部でアピールしないと」と意気込んだ。昨季は2軍でチームトップの打率・286の一方、野手に本格転向したばかりで走塁面などに課題を残した。「大島さんをすべてにおいて超えられるようにならないとレギュラーは獲れない」と中堅のポジション獲りへ飛躍の時間にする。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月17日のニュース