阪神・藤原オーナー、選手ら黙とう 阪神淡路大震災から26年

[ 2021年1月17日 11:00 ]

<阪神合同自主トレ> 鳴尾浜球場で黙とうを捧げる阪神の選手やスタッフ(阪神球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神淡路大震災から26年が経った17日、阪神は兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で被災者を慰霊する黙祷を捧げた。藤原崇起オーナーや谷本修球団本部長以下、球団関係者、選手ら約50人が参加した。

 代表取材に応じた藤原オーナーは「今でも鮮明に当時のことを思い出しますね。辛いと言うより悔しい気分はみなさん同じだと思います。26年も経ってタイガースの選手たちもほぼそういう経験をしてない人ばかりになってきている。ですけど、こういうことがいつ起こるか分からない」と神妙な表情で話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月17日のニュース