ロッテ育成ドラ2右腕・小沼「3度目」キャンプ目指す 過去2度アルバイトで参加の経験

[ 2021年1月17日 05:30 ]

投球練習する小沼(球団提供)
Photo By 提供写真

 ロッテの育成ドラフト2位右腕・小沼(BC・茨城)が「3度目」の春季キャンプを目指し、新人合同自主トレ2度目のブルペン投球を行った。

 19、20年にアルバイトとして阪神の沖縄・宜野座キャンプに参加。ユニホームにも袖を通し、打撃投手も務めた。「当てたらどうしよう」と緊張する一方「近本選手、大山選手の打撃は凄かった」と回顧。ブルペンも見学し、昨季限りで引退した藤川球児氏の投球を目の当たりにし「あの年齢で一番凄い球を投げていた」とプロ野球選手への夢を膨らませて、実現させた。

 目標は一日も早い支配下登録と、甲子園での阪神戦登板。気持ち良く打ってもらった打者たちと、今度は真剣勝負で再戦する。(横市 勇)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月17日のニュース