楽天・則本昂「マー君組」から卒業、「則本組」で教えを後輩に伝授

[ 2021年1月17日 05:30 ]

三重県内で合同自主トレを行う楽天・則本昂(前例中央)と(後列左から)滝中、則本佳、高田萌(球団提供)
Photo By 提供写真

 覚悟の「独立」だ。楽天の則本昂が、三重県内で実施している自主トレを公開した。昨年まで一緒に練習していた「マー君組」を卒業し、滝中、高田萌、弟の佳樹とともに「則本組」として新たな環境でトレーニングに励んでいる。

 「田中さんのところで7年間やらせてもらって、たくさんのことを吸収できた。30歳になったので、一流の方から受け継いだノウハウを後輩に教えていかないといけない」

 自ら練習メニューを考え、後輩たちにもアドバイスを送る。リーダーになったことで強い自覚が芽生えた。「参加してくれている選手の人生にも関わるのでしっかり面倒をみていかないといけない」とした上で「有意義な時間で、楽しく追い込めている」と充実した日々を送っている。

 今季の去就が未定となっている田中には「楽天に帰ってきてくれたら心強い。一緒にやれれば面白いなと思う」とラブコール。自身は2年連続で5勝止まりとあって、再起に燃える。「あと15勝すれば通算100勝なので、そこまでいけたら」と目標を掲げた。(重光 晋太郎)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月17日のニュース