西武 先制機に痛恨の盗塁死、1死一、二塁で金子が三盗狙うもタッチアウト

[ 2020年11月8日 13:24 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2020年11月8日    ZOZOマリン )

<ロ・西>初回1死一、二塁、栗山の時に二塁走者・金子は三塁盗塁に失敗する(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテー西武の最終戦が8日、ZOZOマリンで行われ、西武は初回に1死一、二塁の先制機を迎えたが、盗塁死でチャンスをつぶした。

 安打と四球で1死一、二塁。4番・栗山のカウントが1ストライクの場面で、二塁走者の金子が三盗を狙いスタートを切ったが、これに気づいたロッテ・先発の小島が落ち着いて三塁に送球。三塁のかなり手前でタッチアウトになった。

 2位争いを演じている両チームはこの試合を含めて残り2試合。0・5ゲーム差のリードを許している西武が敗れると、ロッテのクライマックスシリーズ(CS)進出が決まる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月8日のニュース