ロッテ 2試合連続“3本の矢”でCS進出決定!7回ハーマン、8回沢村、9回益田が無失点

[ 2020年11月8日 18:29 ]

パ・リーグ   ロッテ8―2西武 ( 2020年11月8日    ZOZOマリン )

 <ロ・西>9回から登板したロッテ・益田(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテが2試合連続の7回ハーマン、8回沢村、9回益田の勝利の方程式“3本の矢”で、4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 4点リードの7回からハーマン、8回を沢村、9回を益田がいずれも無失点。前日7日のオリックス戦同様のリレーでリードを守って勝利した。3投手とも最終盤で調子を取り戻し、防御率はハーマン2・15、沢村1・71、益田2・25となった。

 井口監督も「きょうは最初からつないでいくのを決めていた。出ていった投手がしっかり抑えてくれた」と、14日からのソフトバンクとのCS(ペイペイD)に向けて手応えを感じている様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月8日のニュース