阪神・糸井 登録抹消で今季終了 来季は年俸4億円からの大減俸必至も球団は戦力として期待

[ 2020年11月3日 05:30 ]

阪神の糸井
Photo By スポニチ

 阪神の糸井嘉男外野手(39)が2日、今季初めて出場選手登録を抹消された。

 昨年10月に左足首を手術。今季は膝痛など不安を抱えていた。万全でない状態で86試合に出場して打率・268、2本塁打、28打点だった一方、9月は月間打率・352で、10月も同・290を記録するなど、終盤で復調を示していた。今後は来季を見据えて体のメンテナンスとコンディション調整に専念する方針だ。

 16年オフにオリックスからFA移籍した際に結んだ4年契約は今季で終了。推定年俸4億円からの大減俸は必至の情勢ながら、球団は来季も戦力として期待を寄せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月3日のニュース