ハーマン―柿沼のロッテバッテリー 連続試合盗塁「世界記録」周東の二盗刺す

[ 2020年11月3日 16:51 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2020年11月3日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>7回無死一塁、打者・中村晃の時、二盗を失敗する一走・周東(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ハーマン―柿沼のロッテバッテリーが10月30日の西武戦で1969年にアスレチックスのバート・キャンパネリスがマークしたメジャー記録を上回る13試合連続盗塁の「世界記録」を達成した周東の二盗を封じた。

 1点ビハインドの7回からマウンドに上がったハーマンは先頭・周東をフルカウントから四球で出塁させたが、けん制を挟みながらクイックで投じながら警戒すると、2球目にスタートを切られたものの、捕手・柿沼が二塁ベース上に完璧な送球を行い、タッチアウトにしてみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月3日のニュース