ダル、マエケンがサイ・ヤング賞最終候補入り 受賞なら日本人初 12日に発表

[ 2020年11月3日 10:48 ]

ダルビッシュ(左)と前田
Photo By スポニチ

 米大リーグは2日(日本時間3日)、各賞の各リーグ最終候補者3人を発表し、ナ・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)候補にカブスのダルビッシュ有投手(34)、ア・リーグのサイ・ヤング賞にツインズの前田健太投手(32)が入った。受賞すれば日本人初の偉業となる。

 ナ・リーグはダルビッシュ、バウアー(レッズからフリーエージェント=FA)、デグロム(メッツ)の争い。ア・リーグは、前田のほか、ビーバー(インディアンス)、柳賢振(ブルージェイズ)が名を連ねた。受賞者は11日(日本時間12日)に発表される。

 最優秀選手(MVP)はア・リーグがアブレイユ(ホワイトソックス)、ラメーヒュー(ヤンキースからFA)、ラミレス(インディアンス)、ナ・リーグがベッツ(ドジャース)、フリーマン(ブレーブス)、マチャド(パドレス)がリスト入り。

 最優秀新人にはア・リーグがルイス(マリナーズ)、ナ・リーグはクロネンワース(パドレス)ら、最優秀監督はキャッシュ監督(レイズ)やマッティングリー監督(マーリンズ)らが名を連ねた。

 各賞は全米野球記者協会会員の投票で決まり、9~12日に発表される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月3日のニュース