阪神ドラ4・栄枝 夢は首位打者 捕手と両立なら球団初 立命大の先輩・古田氏に続くぞ

[ 2020年11月3日 05:30 ]

<栄枝裕貴 指名あいさつ> 色紙に「日本一の捕手」と書き笑顔の立命大・栄枝 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神からドラフト4位指名された立命大の栄枝裕貴捕手(22)が2日、京都市の同大衣笠キャンパスで畑山俊二統括スカウトらから指名あいさつを受けた。二塁送球タイム1秒8の強肩が最大の武器だが、守備だけではない。目標に「首位打者&打率3割」を掲げ、打てる捕手に名乗りを上げた。

 「今は打てる捕手が重宝されていますし、将来的には守備だけではなくて、古田さんも首位打者を獲られていましたけど、タイトルを獲れたらいいなと思う。具体的な数字では3割は目標にしたい」

 球団捕手で首位打者を獲得すれば史上初。打率3割超えも直近では10年の城島(・303)が最後で、生え抜きでは75年の田淵幸一(本紙評論家)までさかのぼる。梅野、坂本、原口らとの争いへ高いレベルを見据えた。

 理想の打者には広島・鈴木誠を挙げた。「軌道やバットの出し方を見ていても、ほれるスイングをしている」。昨年のセ・リーグ首位打者の打撃も分析。力強く、速いスイングを参考にした。

 関西学生リーグの通算打率・329は1位指名の近大・佐藤輝(・288)を上回る。担当の熊野輝光スカウトにも「肩は強いけど、打撃の方も気に入っていた。捕手らしい体格ですぐに(正捕手争いで)競合できる」と高く評価された。

 「古田さんのように野球を終えた時に名前の残るような選手になりたい」

 目標とする大学の先輩は91年の首位打者に輝き、93年には盗塁阻止率でも歴代最高・644の記録を残した。攻守で背中を追いかける。 (長谷川 凡記)

 【栄枝はこんな選手】
 ☆生まれ&サイズ 1998年(平10)5月16日生まれ。高知県高知市出身の22歳。1メートル80、81キロ。右投げ右打ち。
 ☆球歴 高知市立朝倉小1年から野球を始め、高知中3年には軟式野球部で全国優勝。高知高では1年秋からベンチ入りし、甲子園出場なし。立命大では1年秋からベンチ入りし、リーグ戦通算46試合で打率.329、0本塁打、15打点。
 ☆憧れ 阪神・梅野。
 ☆座右の銘 我慢。
 ☆好きな有名人 長沢まさみ、ケツメイシ。
 ☆好きな食べ物 ラーメン。
 ☆趣味 麻雀、YouTube観賞。
 ☆対戦したい投手 立命大の1学年先輩にあたるDeNA・坂本。
 ☆家族構成 両親、妹、弟。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月3日のニュース