巨人・中島が今季1号に笑顔「しっかりと打ち返せました」

[ 2020年6月30日 19:22 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年6月30日    東京D )

<巨・D>2回1死、中島はソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の中島宏之内野手(37)がDeNA戦(東京D)で今季1号アーチを放った。

 「5番・一塁」で先発出場した中島は初回に2点先制されて迎えた2回、1死走者なしで入った第1打席でDeNAの先発左腕・浜口がカウント1ボール1ストライクから投じた3球目、ほぼ真ん中に入ってきたチェンジアップを左翼スタンド中段に叩き込んで1点差に迫った。

 「打ったのはチェンジアップ。何とか塁に出ようという気持ちで打席に立ちました。いい結果になってよかったです。しっかりと打ち返せました」

 ダイヤモンドを一周してベンチに戻った中島はナインとエアタッチで喜びを分かち合い、会心の笑顔。0・5ゲーム差に迫る2位・DeNAとの首位攻防戦はいきなり2点を追う展開となったが、ベテランによる反撃の一発となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月30日のニュース