巨人・高橋、ブルペンで45球 フォーム改良に試行錯誤も「現時点ではいい形」

[ 2020年6月30日 12:06 ]

巨人・高橋
Photo By スポニチ

 左肘痛から復活を目指す巨人・高橋優貴投手(23)が30日、川崎市のジャイアンツ球場でブルペン入りした。捕手を立たせて45球を投げ込み「この期間でなるべく100%に持っていき、早くゲーム復帰できるように頑張ります」とコメントした。

 リハビリ中に、体に負担のかからないようなフォームへの改良に着手。足を上げた際に、グラブで半円を描くように動かしてから投げるフォームを確認し「ピッチングコーチ、トレーニングコーチにアドバイスいただきながら試行錯誤して取り組んでいます。現時点ではいい形だと思ってます」と手応えを口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年6月30日のニュース