阪神・藤浪 7月4日に2軍戦先発 金村コーチは早期昇格に慎重姿勢

[ 2020年6月30日 05:30 ]

阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が、7月4日のウエスタンリーグ・中日戦(ナゴヤ)で先発することが濃厚となった。

 前回26日の同ソフトバンク戦では3回1安打無失点。今回はイニングを伸ばして5回程度を投げる予定だ。結果を残せば昇格候補に浮上する可能性もあるが、金村投手コーチは「まだ3イニングしか投げてないですし、次はもう少し長いイニングを投げてもらう予定だと聞いています。まずはトレーナー管轄から離れることが一番」と慎重な姿勢。右胸の軽度の筋挫傷からの復帰明けとあって、現在も故障者としての扱い。今後も投球内容と状態を精査していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月30日のニュース