楽天のドラフト1位・小深田がプロ初安打「ホッとしました」

[ 2020年6月30日 21:55 ]

パ・リーグ   楽天15―4ロッテ ( 2020年6月30日    楽天生命 )

<楽・ロ1>7回2死、中前にプロ初安打を放つ小深田(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト1位・小深田大翔内野手(24)が、30日のロッテ戦でプロ初安打を放った。

 7回の守備から途中出場すると、その裏の攻撃では2死走者なしからロッテ・東條のスライダーを中前に運んだ。「1本出てホッとしました」。この日で出場8試合目。全て途中出場だが、守備や走塁の評価は高く「これからもっと打っていきたい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月30日のニュース