森繁和氏 広島・森下は“勝てる投手”「四隅」と「前後」で立体的な投球

[ 2020年6月29日 08:30 ]

セ・リーグ   広島10―3中日 ( 2020年6月28日    ナゴヤD )

<中・広>プロ初勝利を挙げた森下(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 【森繁和 視点】広島・森下の投球は非常に立体的だ。全ての球種の制球が良く直球、カットボールなどでストライクゾーンの内外角、高低と「四隅」を突く。チェンジアップは縦の変化は少ないが、直球との球速差を利用して「前後」の緩急でタイミングを外す。

 3回1死満塁では大島を遊ゴロ併殺。2球目の134キロのチェンジアップが効いていた。続く3球目は150キロ直球。大島は「捉えた」と思ったはずだが、前の球の残像が脳裏に残っていた。前後の緩急差に差し込まれ、詰まらされた。

 26アウトのうち外野飛球は2つだけ。中日の各打者は大島同様のゴロアウトが多かった。4回のアルモンテは四隅の対角線を使った。外角高めのボールゾーンから入ってくるバックドアのカットボールなどで追い込み、最後は内角低めの直球で見逃し三振。加えて5回以降に多投した100キロ台のカーブもある。変幻自在だ。

 試合をつくる能力が高い、勝てる投手。今後の課題は、早い回に失点をした時にどう立て直すか。他球団にも研究される。対戦が一回りしたあとの投球にも注目したい。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース