日本ハム・中田 6連戦4発!自己最速ペースでアーチ量産「もっと得点圏で打てるように」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6-4楽天 ( 2020年6月28日    楽天生命パーク )

<楽・日>初回2死一塁、2ランを放ち笑顔でエアタッチをかわす日本ハム・中田 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が初回に2戦連発の5号2ランを放ち、リーグトップタイに立った。楽天との6連戦で4発と量産し、今季チームが挙げた4勝のうち3試合で勝利打点を記録。主砲は「甘いのが来たら積極的に振ろうと思っていたのがたまたまいい形になった。本塁打は、ただのおまけ」と謙虚に話した。

 開幕から9戦5発。開幕から5本塁打を放つまでに要した試合数は、15年の15試合が過去最速だったが、それを大幅に上回るペースだ。それでも「言われたらまた気にしちゃう。もっと得点圏で打てるようにどうにかしないといけない」と得点圏打率・400からのさらなる上昇を誓った。

 十分な調整期間がないまま開幕。開幕2カード目で史上初の同一カード6連戦を戦い早くも疲労が蓄積している。週に数度だったマッサージは毎日となり、6連戦後半は疲労が抜けきれず週1度だった半身浴を毎日行うなど、ケアも徹底するようになった。

 その中でも試合では疲労を感じさせず、今季初の3連敗を阻止。27日に18失点で大敗した借りを返し「あれだけ点を取られたらやり返してやりたいという気持ちが強かった」。今後も勝負強い打撃でチームをけん引する。(東尾 洋樹)

 ▽中田(日本ハム)通算1000三振 28日の楽天6回戦(楽天生命パーク)の9回にシャギワから空振り三振を喫して記録。プロ野球68人目。初三振は09年5月23日のヤクルト戦でバレットから。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース