DeNA 首位攻防戦で今季初先発 1軍合流の桜井&大貫、期待に応える

[ 2020年6月29日 14:19 ]

DeNAの桜井(左)、大貫両投手
Photo By スポニチ

 30日から0・5ゲーム差で追う巨人との3連戦(東京ドーム)を控えるDeNAが29日、横浜スタジアムで先発投手練習を行い、桜井周斗投手、大貫晋一投手が1軍に合流した。桜井は7月1日の第2戦、大貫は2日の第3戦に先発予定。

 ブルペンで投球練習を行った桜井は「自分にとってターニングポイントの年だと思う。チャンスをいただいたので向かって行きたい」と意気込んだ。プロ3年目の今季は春季キャンプから1軍帯同。オープン戦初戦の先発を任されるなど期待されてきた。開幕ローテーション入りは逃したが、大事な一戦で巡ってきたチャンスに「僕の中での開幕。自分のピッチングがしっかりできれば」と語気を強めた。

 2年目の大貫は26日のイースタン・リーグ日本ハム戦で5回1失点(自責0)と好投。「開幕ローテーションに入れなかったことは素直に悔しいが、チャンスが巡ってきたのでいいアピールをして、もう一度ローテーションに入れるような投球をしていきたい」と闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース