巨人・丸 2番起用に応える2点適時打!前日のお返し、打線爆発呼び「バンザーイな気分」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人12-0ヤクルト ( 2020年6月28日    神宮 )

<ヤ・巨3>2回2死一、二塁、岡本の適時打で生還した二走・丸(左)を出迎える原監督(中央は元木コーチ)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 今季2度目の2番に起用された巨人・丸が、2回の打者一巡の猛攻に貢献した。押し出し四球で1点を先制し、なお2死満塁で山田大のスライダーを右前に運び2人が生還。「久しぶりに芯に当たった感じ。バンザーイな気分ですね」と言う会心の一打で1イニングで7得点された前日のお返しとばかりに一挙5点を奪った。

 原監督の基本的な打順構想は2番から坂本、丸、岡本の並びだが「左投手のときは相手も嫌なのかなと」と左腕・山田大に対して1番に増田大、3番に坂本の右打者を入れ、左打ちの丸を2番に据えた。試合前時点で打率・129だった丸だが、4回無死二塁では進塁打となる二ゴロ。指揮官は「だいぶボールを呼び込んで自分のポイントで打てるようになった」と評価した。 (田中 健人)

 ▼巨人・増田大(1番で今季初スタメン。2回に8球粘って押し出し四球を選ぶなど存在感)先頭として、先制するために出塁することだけを考えた。チームのために自分の役割を全うしていく。

 ▼巨人・石川(9回に代打で左翼席に3ラン)代打は1球で仕留められるようにしないと、と亀井師匠から教えていただいているので、その一点に集中した結果だと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース