斉藤和巳氏 広島ドラ1・森下に「カーブが生命線 コースもしっかり決まっている」

[ 2020年6月29日 12:37 ]

<中・広>プロ初勝利を挙げた森下(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 野球解説者の斉藤和巳氏(42)が28日深夜放送のTBSのスポーツ番組「S☆1」(日曜・前0時)に出演し、広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)についてコメントした。

 森下は、2度目の登板だった28日の中日戦で初勝利を挙げた。完封目前の9回に3失点して降板も136球の力投。ドラフト制以降では球団最長を更新するデビューから15回無失点も記録した。

 斉藤氏は、中日戦のVTRを見て「カーブが生命線という感じがします」と指摘し、「縦割れのカーブを低めに決めることができて、真っ直ぐの高さも低めに投げ切られたら、なかなか打者も反応しずらいですよね。コースもしっかり決まっているんでね」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース