西武・与座 6回3失点も初勝利お預け「もっとガツガツ攻めてよかった」

[ 2020年6月29日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―3ソフトバンク ( 2020年6月28日    メットライフD )

<西・ソ>力投する西武の先発・与座(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 今季2度目の先発となった3年目の西武・与座は6回3失点と試合をつくったが勝敗つかず。またもプロ初勝利はお預けとなり「2度目のマウンドで緊張はほぼなかった。落ち着きすぎたのか、もっとガツガツ攻めてよかった」と反省した。

 初回に柳田に先制弾を浴びるなど2回までに3失点も3回以降は無安打の好投。奮闘する3年目のサブマリンについて辻監督は「勝ち星を付けてあげたかった」とねぎらった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月29日のニュース