夏13連覇中の福島・聖光学院の斎藤智也監督「3年間の歩み表現してほしい」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

取材に応じる斎藤監督
Photo By スポニチ

 都道府県高野連は29日、各地で理事会などを開き、中止となった全国高校野球選手権地方大会の代替大会について協議。福島は7月18日以降の開幕を目指し、トーナメント方式で、公式戦としての実施を目指すことを確認した。

 代替大会の開催が決定し、夏の地方大会13連覇中の聖光学院・斎藤智也監督は「やってほしいと思っていた。選手たちにも絶対やれることを信じて待とうと言っていたので関係者にお礼を言いたい」と胸をなで下ろした。今後の調整に関しては実戦中心となるが「甲子園がないからといって変えることは何もない。3年間の歩みを表現してほしい」と選手の底力を信じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース