ロッテ・鳥谷 30日“1軍デビュー”井口監督「チームに刺激を与えてほしい」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

ロッテ・鳥谷
Photo By スポニチ

 3月に加入したロッテ・鳥谷が、30日の紅白戦で「1軍デビュー」を果たす。新型コロナウイルスの影響による中断以降、初の実戦に臨む井口監督が、オンラインでの取材に対応。紅組の「3番・遊撃」で先発起用すると明かし「レギュラーに食い込んでほしい。チームに刺激を与えてほしい」と期待した。

 2カ月以上の間隔が空いた実戦感覚を取り戻すため、紅白戦は31日にも行う。指揮官は「サインプレーや連係の確認」とテーマを掲げた。26日のシート打撃で160キロをマークしたドラフト1位・佐々木朗は、30日には登板しないと明言。31日については「相談しているところ。明日(30日)の状態を見て決めたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース