中日・アルモンテ 1軍初合流で2点弾 ライバルのシエラも3安打 与田監督は「両方使いたくなる」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

中日紅白戦   白組5―3紅組 ( 2020年5月29日    ナゴヤD )

1回表1死二塁、アルモンテが大野雄から先制の2ランを放つ   
Photo By 代表撮影

 出遅れを取り戻すには十分な一発だった。1軍に今年初合流した中日・アルモンテが紅白戦で迎えた初回1死二塁の最初の打席で2ランを放った。「いいスイングができたね。感覚もスゴく良かったよ」。初球は大野雄の内角直球を見送り、2球目も続けて懐に来たスライダーを最初のスイングで仕留め、左翼ポール際へ運んだ。

 今年1月に母国・ドミニカ共和国で出場したウインター・リーグで右太腿を痛め、キャンプは2軍調整。その間に同じ左翼を争う新外国人シエラが育成から支配下登録へ昇格した。1軍枠を争うライバルのシエラも3安打で猛アピールし、与田監督は「両方使いたくなるくらい良い状態。頭を悩ませる」とうれしい悲鳴を上げた。

 左翼の定位置はシエラに加え、昨季18本塁打の実績を持つ福田も狙う激戦区。アルモンテは「野球をやっている限り競争はどこに行ってもある。つかみ取るだけ」とレギュラー奪還へ力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース