オリックス・山岡、ヒヤリ…首を寝違え練習早退 西村監督「何日もかかるものではない」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

オリックス・山岡
Photo By スポニチ

 開幕投手最有力のオリックス・山岡がヒヤリとする事態に見舞われた。29日の京セラドーム大阪での全体練習を途中離脱。中堅フェンス付近で40メートルほどの距離でキャッチボールしていたところ、首付近を気にするしぐさをして中断。投手コーチらと話し合い、右翼フェンス付近の球場出入り口から引き揚げた。

 開幕戦は楽天戦が有力案。対戦相手や日程次第で山本も候補とする「二段構え」も構想の一つにある一方、昨季7戦6勝と同戦を得意とする山岡が2年連続2度目の大役を託される可能性が高い。それだけに一時は不穏な空気が漂った。

 幸い軽度の寝違えだったことが判明。関係者によると、患部の違和感の影響で投球フォームが崩れることを懸念し、あえて大事を取ったという。西村監督は「たいしたものではないです。何日もかかるものではない」と説明し、3週間後の6・19に向けた調整についても「(影響は)全然ないでしょう」と問題なしを強調した。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース