阪神・梅野 先発陣“離脱”相次ぐも「大変だと思っていません」

[ 2020年5月30日 15:32 ]

<阪神練習>練習の合間に笑顔をみせる梅野(阪神タイガース提供)
Photo By 提供写真

 阪神の梅野隆太郎捕手(28)が30日、甲子園での集合練習後に球団広報を通じた取材に応じた。

 前日に藤浪の遅刻による2軍降格と左腕高橋のコンディショニング不良が判明したことで、先発枠が手薄になることが懸念されるが「特に大変だと思っていませんね。今いる先発候補はみんな状態も良いですし、受けていて不安というものは感じていないです」とキッパリ。「唯一不安な部分で言うと、長いイニングを投げていないことぐらいですね」と明確な課題を口にした。

 開幕投手の西勇と青柳は当確で、それ以外の枠をガンケル、スアレスの助っ人2人や若手投手が争う構図だ。開幕までに残された時間で状態を上げていく投手陣のサポートを、徹底していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース