オリックス・沢田 新球スプリットでT―岡田を空振り三振斬り!紅白戦先発で2回零封

[ 2020年5月30日 18:03 ]

<オリックス紅白戦>紅組先発の沢田圭佑は2回1安打無失点(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの沢田圭佑投手(26)が30日に京セラドームで行われた紅白戦に、紅組で先発して2回1安打無失点の快投を披露した。

 「久しぶりに2イニングを投げましたが、力みもなく投げられましたし、一歩前進できたかなと思います」

 新球が冴えた。初回先頭のT―岡田と対峙(たいじ)した場面だ。カウント2―2からの5球目、今季習得したスプリットを投じて空振り三振。2死から吉田正に右中間二塁打されたが、ジョーンズを中飛。2回も、内外角を丁寧に突く直球に、チェンジアップやスライダーなどを織り交ぜて3者凡退にし順調な調整ぶりを示した。

 勝ち継投での起用が見込まれ、今季はセットアッパー役を狙う右腕。1年目の17年に2軍戦で3試合に先発したことはあるが、ブルペンに欠かせない存在で、1軍公式戦での先発登板はない。本拠地の真っさらなマウンドに上がったのはプロ入り後初めてだった。

 「Tさんから(スプリットで)空振り三振を取ることもできましたし、打者の反応を見ることができて良かったです。どんどん実戦で投げられるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース