広島・大瀬良 3回を1失点 習得中のシュートに納得「精度を上げていけたら」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

広島紅白戦   紅組5―4白組 ( 2020年5月29日    マツダ )

先発の大瀬良は3回を投げ1失点(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の開幕投手を務める大瀬良は、3回を4安打1失点で収穫と課題を得た。

 習得中のシュートで右打者の内角を突き、詰まらせる場面もあり「きっちりコースに行くと、打者は反応してくれる。これから精度を上げていけたら」と納得顔だ。ピレラにはスライダーが浮いてソロ本塁打を浴び「スライダーを修正したい。投げていく中で感覚を取り戻したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース