世界野球ソフトボール連盟 コロナ対策ガイドライン14項目公表 握手やグータッチは自粛要請

[ 2020年5月30日 05:30 ]

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は28日(日本時間29日)、競技再開に向けた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインを公表した。

 14項目が示され、選手はバットなど道具を自分専用とし、共用しないよう指示。ボールは守備側に合わせ使い分ける。かみタバコ、ひまわりの種、ツバ吐きは禁止。握手やグータッチなどは自粛を求めた。WBSCでは各国・地域の感染状況を鑑みて、これを基に各団体で詳細なガイドラインを取りまとめることを提言している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース