阪神守護神の球児 圧巻の3者連続三振! 無観客の“気持ち”確認「本番に向けて良い練習できた」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

阪神紅白戦   紅組0-3白組 ( 2020年5月29日    甲子園 )

5回に登板した藤川は3者連続三振の投球を見せる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は29日、甲子園球場での集合練習で紅白戦を実施した。チームとしての実戦は3月25日以来65日ぶりで、藤川が“開幕想定”のマウンドでこれ以上ないパフォーマンスを見せつけた。紅組の3番手で登板し、3者連続三振で1回無失点。心身ともに万全の状態を示し、球団を通じてのコメントにも力がみなぎった。

 「今日は無観客試合の練習だと思っていたのでファンの方々がスタンドにいないこの環境で試合に入り込む気持ちの確認と、ボールの精度を高めることを課題にしていました」

 歓声の響かない聖地という経験のない状況に身を置きいかに気持ちを高め、ボールに力を乗せられるか。明確なテーマで腕を振った。先頭の北條を内角への直球で空を切らせると、高山も内角高めの144キロで連続三振。マルテに対しては前の2人とは一転、意表を突くフォークに見逃しを奪った。ニヤリと笑みを浮かべ、さっそうとベンチへ戻った。

 「ボールは少し乱れたところはありましたが、精神的な部分では一球一球、集中してしっかり投球できていたので、試合に向けたメンタルも上がってきていると自分自身で確認できたし、本番に向けて良い練習ができたと思います」

 意図があった分、納得できる部分も多かった。矢野監督も「楽しそうに充実した感じで投げてましたし、球の力もありました」と称賛。守護神の「6・19」への歩みが力強さを増してきた。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース