日本ハム・清宮「いい感触」ケース打撃で1発含む3の3!初の開幕1軍へ猛アピール

[ 2020年5月30日 18:21 ]

ケース打撃で本塁打含む3安打を放った日本ハム・清宮(球団提供)
Photo By 提供写真

 日本ハムは30日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でケース打撃を行い、3年目の清宮幸太郎内野手(21)が本塁打含む3打数3安打と大爆発した。

 1打席目は右腕・村田の直球を捉えて中前打。2打席目は守護神・秋吉の外角直球を再び中前へ運んだ。そして、一発が飛び出したのは3打席目だ。再び秋吉との対戦。外寄りの直球を強振し、右中間の防球ネット上部を直撃する大きな放物線を描いた。25日に21歳の誕生日を迎えた若き大砲は「いい感触だった。自主練習期間中に取り組んできたことがそのまま出せた」と振り返った。

 昨秋に手術を受けた右肘の状態を考慮し、今春キャンプは2軍スタートとなったが、現在はスローイングも問題なくできるまでに回復。過去2年は相次ぐ故障などで開幕1軍入りは果たせなかったが、3年目で初の開幕1軍入り、そして開幕スタメンを猛アピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース