ロッテ・鳥谷 紅白戦「3番・遊撃」で本拠デビュー 守備では名手ぶり

[ 2020年5月30日 13:15 ]

ロッテ・鳥谷
Photo By スポニチ

 ロッテ・鳥谷が30日、ZOZOマリンで行われた紅白戦で紅組の「3番・遊撃」でスタメン出場した。第1打席は初回1死一塁で西野のスライダーを叩いて二ゴロ、第2打席は3回2死からチェンのスライダーに捕ゴロだった。

 守備では3回、先頭・田村の打球に倒れながら逆シングルで好捕するなど名手ぶりを発揮した。

 6回からDHとなり、その後も打席に立ったが、7、9回の第3、4打席はいずれも左飛に倒れ、本拠地での実戦デビューは無安打に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース