3番手捕手の座狙う!西武ドラ5柘植、先制適時二塁打でアピール

[ 2020年5月30日 05:30 ]

西武紅白戦   紅組4―0白組 ( 2020年5月29日    メットライフD )

6回表2死二塁 左中間適時二塁打を放った紅組の柘植
Photo By 代表撮影

 開幕1軍入りを目指す西武のドラフト5位・柘植が、6回2死二塁で左中間を破る先制の適時二塁打。ギャレットの直球を狙い打ちし「ランナーを絶対に還す、と思った。詰まった感触はありましたが、しっかりとした打球を打つことができたと思います」とうなずいた。

 強肩が持ち味の22歳が森、岡田に次ぐ3番手捕手の座を狙い、アピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月30日のニュース