栃木県高野連 代替大会開催決定 7月18日開幕へ 土日祝日で実施の方針

[ 2020年5月28日 17:26 ]

会見する栃木県高野連の菅野光広会長(左)と藤田光明理事長
Photo By スポニチ

 栃木県高野連は28日、宇都宮市内で臨時理事会を開催し、中止となった夏の全国高校野球選手権栃木大会の代替大会の開催を決めて発表した。開催日程は夏休みの短縮状況などを考慮し、当初開幕予定だった7月10日を7月18日に延期。8月2日までの土日祝日で実施したい方針だ。無観客で実施し、運営方式の詳細は6月16日に協議する。

 菅野光広会長は「独自の試合を開催する方向で準備を進めていく」と発表した。

 期間が短縮されるため、藤田光明理事長は「全部の学校が参加するようであれば、トーナメント方式は難しいかもしれない。1試合で終了、もしくはリーグ戦とかの形を考えたい。いろいろな方法を検討したい」とし、参加校数の状況を見ながら運営方式を考えたい方針だ。

 感染防止対策についても、藤田理事長は「県、日本高野連のガイドラインを遵守して安全第一でやっていきたい。感染状況を見ながら、最後まで中止の選択肢も持っていなければならない」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース