浦和実・土居監督 代替大会8月開催に複雑…昨夏浦和学院完封の豆田「プロ志望は変わらない」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

 代替大会の開催方針が決まり、埼玉・浦和実の土居健太監督は「うれしい気持ちと、8月ということで3年生の進路が気になります」と複雑な心境を明かした。

 4月7日以降、選手は自宅で自主練習を継続。土居監督は電話などで選手たちと連絡を取り合い、昨夏の埼玉大会4回戦で浦和学院を2安打完封したプロ注目右腕の豆田泰志投手の「プロ志望は変わらない」という意思も確認した。豆田は、29日の練習再開を前に「大会を頑張りたい」と意気込んでいるという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース