楽天・島内 宮城県にもマスク1万枚寄贈 出身地の小松市&金沢市に続き

[ 2020年5月28日 05:30 ]

マスクを寄贈する楽天・島内(球団提供)
Photo By 提供写真

 楽天の島内宏明外野手(30)が球団が本拠を置く宮城県に1万枚のマスクを寄贈することを発表。新型コロナウイルスの感染予防を目的に自治体を通じ県内の学校や教育機関に届けられる。「6月に入ると学校も始まるので子供たちが安心して学校へ通えるようになることを願っています」とコメントした。

 同外野手はすでに出身地の石川県小松市と高校時代を過ごした金沢市にも計1万枚のマスクを寄贈している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース