楽天・牧田 後輩たちに金言連発 松井には日米の違い、森原には救援投手の心得

[ 2020年5月28日 05:30 ]

楽天・牧田
Photo By スポニチ

 楽天・牧田が前例のないシーズンの開幕に向けて後輩たちに金言を授けた。後輩選手の質問に答える企画で、日米で経験豊富なサブマリンは松井と森原にアドバイスを送った。

 今季から先発に再転向する松井の「米国で感じた日本の良さは?」との質問に「日本はキャンプだと球団がホテルを手配してくれて、食事もちゃんとしている。米国だとキャンプ用に自分で家を見つけて家賃を払わないといけない」。日米の待遇の違いを物語るエピソードを紹介した上で「シーズンが始まったら結果を出してくれると思う」と期待した。

 抑え候補の森原から「勝ちパターンの救援投手の心得」と「後悔した経験」を問われ「開き直りが必要。打たれたら仕方がないし、前を向くしかない。過去には戻れない」と回答。西武時代に抑えを務めた経験から切り替えの重要性を説いた。

 先発、中継ぎ、抑えの全てを担えるマルチなベテランは「ようやく開幕が決まって良かった。早くファンのみなさんの前でプレーしたい」と目を輝かせた。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース