年俸削減案 日本プロ野球の斉藤コミッショナーは否定的「今のところ考えていない」

[ 2020年5月28日 05:30 ]

斉藤コミッショナー
Photo By スポニチ

 7月上旬の開幕を目指す大リーグ機構(MLB)が今季の開催案について協議している選手会に対し、年俸を金額に応じて削減する案を提出したと26日(日本時間27日)、複数の米メディアが報じた。

 一方、日本球界では労使間の年俸削減へ向けた話し合いは行われていない。プロ野球の斉藤惇コミッショナーは22日の12球団代表者会議後の会見で「今のところ、そういうことは考えていない」と否定的な考えを示した。ただ当面は無観客での開催で、試合数も143から最大120へ削減され、大幅な減収となるのは避けられない。今月12日のオーナー会議では話題の一つには上っており、今後検討される可能性はある。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース