ロッテ「2020年マリーンズ号」29日から運行 井口監督、朗希ら11選手をラッピング

[ 2020年5月28日 16:39 ]

29日から運行される新京成電鉄のラッピング電車「2020年マリーンズ号」
Photo By 提供写真

 ロッテが28日、新京成電鉄(本社・鎌ケ谷市)にてラッピング電車「2020年マリーンズ号」が29日から運行されることを発表した。

 マリーンズ号は今年で8年目の運行で、井口資仁監督とドラフト1位の佐々木朗希投手をはじめとした11人の選手の合計12枚のパネルがマリーンズ号の車外ドア横に貼られている。

 車内の窓上パネルや中吊りも2020年のマリーンズ仕様となっていて、この他にもヘッドマークや窓下もマリーンズの装飾が施されている。

 運行期間は29日から11月末、該当車両は、8800形6両一編成。(京成千葉線へ乗り入れできる車両)
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月28日のニュース