広島、本拠マツダで練習試合4連敗 守護神候補フランスア2失点で敗戦投手に

[ 2020年3月24日 21:03 ]

練習試合   広島2―3ヤクルト ( 2020年3月24日    マツダ )

<練習試合 広・ヤ>8回2死満塁、雄平に逆転の適時二塁打を打たれたフランスア(右)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は本拠マツダで行われたヤクルトとの無観客練習試合に2―3で逆転負け。これで、すべてマツダで行われている練習試合4連敗となった。

 広島は3回に菊池涼の遊撃内野安打で先制し、さらに敵失で1点を追加して2点をリード。先発投手の薮田も3回無失点と好投して序盤を優位に進めた。だが、5回に3番手・一岡が四球を出してから失点して1点差とされると、8回には守護神候補の6番手・フランスアが3安打2四球2失点と逆転され、9回は堂林、代打・小窪、代打・長野が3者凡退に終わった。ドラフト2位ルーキー宇草(法大)は1番で先発し、1安打1盗塁。左翼の守備では8回に本塁へのダイレクト返球で走者を刺している。

 ヤクルトは0―2で迎えた5回、2死二塁から吉田成の右中間二塁打で1点を返し、8回には2死満塁から雄平の左前2点適時打で逆転に成功、これが決勝点となった。先発右腕・スアレスは5回7安打2失点。2番手・大下、3番手・中尾はそれぞれ2回無失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月24日のニュース