東都春季リーグ開幕延期 最短で4・27 トーナメント制も検討

[ 2020年3月24日 05:30 ]

 東都大学野球連盟は23日、東京・渋谷の国学院大で臨時理事会と評議員会を開き、1~4部まで、すべての春季リーグの開幕を延期することを決めた。最短で4月27日の開幕を目指す。1部は4月6日に開幕予定だった。連盟によると、天候理由以外の開幕延期は史上初だという。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在も加盟21校中11校が対外試合自粛。そのうち6校が課外活動自体を自粛しており、準備が間に合わないと判断した。福原紀彦理事長は「大変残念だが、状況を整えて思う存分活躍できる状況をつくってあげたい」とした。

 開幕が5月以降になった場合はさまざまな対処が迫られる。6月8日からの全日本大学選手権出場校決定や日程消化のため、神宮以外の球場での開催やトーナメント制の導入、勝ち点制の見直しなど、試合運営方法も検討する方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月24日のニュース