巨人・戸郷 学生時代の持ち球カット“解禁”ブルペンで特訓

[ 2020年3月24日 05:30 ]

ブルペンでピッチングを行った巨人・戸郷(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 25日の中日との練習試合に先発する巨人の戸郷は23日、室内練習場のブルペンで約48球を投げ込んだが、約3割をカットボールに費やした。

 聖心ウルスラ学園時代からの持ち球だが、プロ入り後は封印。前回10日のソフトバンク戦で4回途中10失点KOを喫し「困ったときに球種が一つあると助かる」と解禁した。ここ数試合では今村、宮国らがカットボールで結果を出し宮本投手チーフコーチも「今後の野球は…カットなんだろうね」と話していたばかり。ブームに乗る。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月24日のニュース