全日本野球協会・山中会長 東京五輪1年程度延期に「やむを得ないこと」

[ 2020年3月24日 22:13 ]

 今夏の東京五輪の延期が確実となったことを受け、全日本野球協会の山中正竹会長は24日、「延期はやむを得ないこと。いろいろな状況の中、そういうことなのかなと判断します」と話した。

 野球は08年北京五輪以来、12年ぶりに競技復帰する予定だった。次回24年予定のパリ五輪からは、再び実施されないことが決定している。

 野球日本代表の侍ジャパンは、稲葉監督の指揮の下で金メダル獲得を目指していた。侍ジャパン強化本部は稲葉監督へ、来年の五輪後までの契約延長を要請する方針を固めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月24日のニュース