輝星“連投”55球 29日登板へ「フォームを安定させたい」

[ 2019年4月26日 05:30 ]

日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝が次回登板の29日、イースタン・リーグのDeNA戦(鎌ケ谷)に向け、2日連続でブルペン入り。

 鎌ケ谷の室内練習場で55球を投げ込み、「フォームを安定させたい」と連投の理由を説明。当日は連休中で輝星フィーバーを想定し、球団は約500枚の「外野立ち見エリア入場券」の臨時販売で対応する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月26日のニュース