ソフトB甲斐野が日本新記録 新人開幕から11戦連続無失点

[ 2019年4月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―0オリックス ( 2019年4月25日    ヤフオクD )

9回1死一、二塁で登板し、無失点に抑えガッツポーズをする甲斐野(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 0―0の9回1死一、二塁。2番手で登板しソフトバンク・甲斐野は、メネセスをフォークで空振り三振。後藤を153キロの直球で三飛に打ち取り、ピンチをしのいだ。

 わずか6球。17年森原(楽天)らの記録を抜き、デビューから11試合連続無失点の日本記録を達成した。「(先発の)大竹さんも良いピッチングで抑えていたので、僕もランナーを還しちゃいけないと割り切れた」。24日に日本記録に並び、「やっぱり意識したけど、場面が場面。メネセスを抑えることだけを考えた」と目の前の打者に集中したことを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月26日のニュース