西武・外崎 移動日も志願の練習 打率低迷で「量を打ちたい」

[ 2019年4月26日 18:47 ]

辻監督の見守る前でフリー打撃を行う西武・外崎
Photo By スポニチ

 西武・外崎が志願の練習参加でバットを振りまくった。

 この日は東京から大阪への移動日で、舞洲のオリックス2軍施設で行われた練習は秋山、山川、森、源田らほとんどの主力メンバーは休養日。そんな中、スタメンでは外崎だけが「打っておきたい」と自主的に練習に参加した。

 ここまでリーグ32位の打率・225と低迷。辻監督からも「上(半身)と下(半身)のバランスがちょっとだけずれている」などとアドバイスをもらった外崎は「ポイントがずれていて、真っすぐを捉えきれていない。感覚がずれているし、量を打ちたい」と若手メンバーとともに懸命にバットを振っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月26日のニュース